あなたは大丈夫??正しいタオルドライの仕方お教えしますのよ

Pocket

今宵も『敏感肌のミス☆ゴールドがあなたに贈る美髪計画』へようこそ

お風呂上りによく見る光景、
髪をタオルでゴシゴシこすって・・・

なんてことあなたはしていないかしら?

濡れた髪はダメージを受けやすいので
タオルでゴシゴシ拭くのはNGですのよ。

正しいタオルドライの仕方お伝えしますわね。

ドライヤー時間短縮を目指す

ドライヤー
ドライヤーは髪にとってダメージを与えてしまうもの。

ですので、ドライヤーの時間を短くできるような
ちょっとしたコツが必要ですのよ。

手でシャワーの水気をとる

まず、シャワーを終えたら
シャワーの水気をある程度とりますのよ。

その時に間違ってもぎゅーっとキツく
絞ってはいけませんわ。
髪にダメージを与えることになってしまいますわよ。

頭皮の水気をとる

タオル
シャワーの水気がしっかり切れたら
次は頭皮の水気をとりますのよ。

そうはいっても頭皮をゴシゴシこするのは禁物。

タオルでやさしく抑えるように
水気をとっていくのが正しい方法ですわ。

毛先の水気をとる

頭皮の水気が取れたらお次は毛先。

この時も、毛先をゴシゴシっていうのを
ついついやりがちですけれど
髪に摩擦を与えないように
タオルで優しく包み込むようにして
水気をとるのが大切ですのわ。

このとき、髪が長くてタオル1枚だと
足りないようなときは
複数のタオルを使うことも有効ですわ。

むしろ、濡れすぎたタオル1枚で拭くよりも
複数のタオルで効率よく
水気をとれた方がドライヤー時間が短縮できて
いいですのよ。

また、お風呂上りってタオルをターバンのように
巻いてるっていう人もおおいですわよね。

この場合も、ターバンになっているタオルの上から優しく
頭皮を抑えて水気をとり、
タオルを外したら毛先をやさしく包む
という流れでタオルドライしてみてほしいですわ。

いかがかしら?
髪を乾かすのって結構大変で時間もかかる作業なので
できれば短縮したいところですわよね。

この作業は面倒って思うかもしれないですけれど
ドライヤー時間短縮にもなるので
ぜひやってみてほしいですのよ。

参考にして頂けたら嬉しいですわ。

今宵も『敏感肌のミス☆ゴールドがあなたに贈る美髪計画』
へお越し頂きありがとうございましたぴかぴか(新しい)

わたくし、ランキングに参加しておりますの。 よろしければ押してくださるとわたくし、とても嬉しいですわ

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

ページ上部へ戻る