敏感肌のあなたに知ってほしい成分表の見方

Pocket

『敏感肌のミス☆ゴールドが
あなたに贈る美髪計画』へようこそぴかぴか(新しい)

敏感肌だと使ったことがない
シャンプーを購入するとき、
かゆくなったらどうしよう
肌荒れしないかな

と色々不安になりますわよね。

今宵はシャンプーを購入する際、
成分表のどこを見たらいいのか
敏感肌のあなたに抑えておいてほしい
チェックポイントをお話しますわよ。

今日からチェックしたい
成分表の見方

成分 分子
「成分表の見方が全然わからない」

そんな声をよく聞きますの。

このブログでも以前、
シャンプーの洗浄成分について
アミノ酸系洗浄剤、
ベタイン系洗浄剤は
低刺激で安全性が高い
こと、

高級アルコール系シャンプーは
刺激が強く、望ましくない
こと
をお伝えしましたわね。

参考:シャンプーの洗浄剤の種類

とっても好評でしたので、
本日は成分表の見方をお伝えしますわ。

まず知ってほしいことは、
成分表は含有量の多いものから
順に記載されている
ということ。

これは食品の成分表なんかでも
同じですのよ。

つまり、
成分表の最初の方に書いてあるものほど
多く入っている

っていうことですの。

ですから、
まずは成分表の最初の方を
チェックしてみてちょうだい。

だいたいそこに洗浄成分が
書いてありますから

そこを見てどんな洗浄成分が
使われているシャンプーなのか
チェックするところから
始めてみましょう。

あなたがシャンプーを選ぶ際の
指標にしてもらえたら嬉しいですわ。

洗浄成分の見方と選び方

虫眼鏡

もちろん、
シャンプーを選ぶ際に大事なのは
自分に合ったものを選ぶこと

ですから、
頭皮の状態によっても
選ぶべきシャンプーは
変わってきますけれど

あなたがベタベタするような
オイリー肌ではないようなら

洗浄力が強いシャンプーは必要ない
ですわ。

 

むしろ洗浄力が強いシャンプーは
頭皮にとって刺激が強すぎてしまいますわよ。

ですから、
刺激の少ない低刺激シャンプーを
しっかり選ぶためにも
成分表に以下の成分名がないか
注意をしてみてちょうだい。

代表的なものをいくつか紹介しますわね

ラウレス硫酸Na、
ラウリル硫酸アンモニウムなど

名前に『硫酸』が入っているものは
高級アルコール系洗浄剤
と言われる洗浄力・頭皮への刺激が、
ともに強い成分。

残念ながらドラッグストアで
市販されているシャンプーの
ほとんどに使われている洗浄成分
ですの。

美容室でせっかくカラーリングや
トリートメントをしても
すぐに取れてしまうなって思うことが
ありますわよね。

それって、市販のシャンプーの洗浄力が
強すぎるっていうことも原因ですのよ。

洗いすぎは頭皮の乾燥にも
つながりますし、刺激でトラブルを
起こす可能性もありますので
敏感肌さんには
おすすめしない洗浄成分。

敏感肌のわたくしは
この成分を極力
避けるようにしていますわ

続いてはOKな洗浄成分。

コカミドプロピルベタイン

これは天然のヤシ油などから作られた
ベタイン系洗浄剤

低刺激・安心の成分として
知られている成分ですのよ。

これが洗浄成分として
書いてあるものは
おすすめしますわ。

ココアンホ酢酸Na

名前に『ココアンホ〇〇』
とついているもの

低刺激・安心のベタイン系洗浄剤

これもおすすめしますわ。

ラウロイルメチルアラニンNa

これは低刺激で安心な
アミノ酸系洗浄剤

これもおすすめしますわ。

ココイルグルタミン酸2Na

名前が『ココイル〇〇』のものも
低刺激で安心のアミノ酸系洗浄剤

おすすめしますわ。

ヤシ油アルキルグルコシドクエン酸2Na

名前に『〇〇グルコシド』
とついているもの

グルコシド系洗浄剤

刺激が弱く安心の洗浄成分で
おすすめしますわ。

洗浄成分については
ひとまずこれらを意識してみたら
いいと思いますわ。

敏感肌だとトラブルも起きやすいので
成分表の見方を少しずつでも
覚えていくことが大切。

まずは洗浄成分から
チェックしていきましょう。

◆参考情報
>>おすすめの低刺激シャンプーランキングはこちら

防腐剤について

よくパラベンフリー
という言葉を目にしますわよね。
あなたも聞いたことがあるかしら?

パラベンとは防腐剤のことですのよ。
ただ、
これに関してはいくつか説がありますの。

確かに防腐剤は無いに
こしたことはないですけれど
美容業界の方の話を聞いたりしても、
実はパラベンに関しては
そこまで気にしなくても大丈夫
という話が多い
ですわ。

純粋なオーガニックコスメの世界では
パラベンは完全にNGとされていますが

実際パラベンフリーと書いてある商品でも
違う種類の防腐剤が使われていたり
することも多いですし

シャンプーを作るうえで
品質が安定するためには
必要な素材でもあるよう。

わたくしは完全にNGとは
捉えておりませんわ。

香料について

わたくしは結構香料で肌トラブル、
頭皮トラブルを起こすことが
多いんですの。

実際
香料でトラブルを起こす方って多い
みたいで、

シャンプーにも
色々な香りがありますけれど
天然香料もあれば
科学的に合成された合成香料も
ありますわ。

ただ、これに関しては
天然だから必ずしも安心とはいえない
ところで、人それぞれ合うか合わないか
によってトラブルの有無が
変わってきますのよ。

例えば、わたくしの場合ですと、
オーガニック系、
ナチュラル系の香りは割と大丈夫で
フレグランス系の香りは
肌トラブルが起きることが多いんですの

こんな風に
自分のパターンを見つけておくことも
敏感肌さんが頭皮や肌トラブルを
繰り返さないために
大切なことですのよ。

また、どうしても気になる場合は
無香料のシャンプーを選ぶのも1つ
だと思いますわよ。

まとめ

ここまでのことをまとめますと、

「硫酸」とつく洗浄剤のものは避ける

過去の経験から
自分に合わなそうなものは避ける

(肌トラブル、頭皮トラブルを
起こしたことのある香りのものなど)

それ以外については
そこまで神経質に気にしすぎない

この3つを意識して
自分に合ったものを見つけていくのが
手軽に安心なものを選べる方法
だと思いますわよ。

参考してみていただけたら
嬉しいですわ。

ミス☆ゴールド

関連記事

ページ上部へ戻る