スポーツジムのプールで少しでも髪を傷めないためにやっておきたいこと

Pocket

運動って美容と健康のために
欠かせないですわよね。

わたくしも
意識してスポーツジムで
泳いだりウォーキングすることを
心がけていますわ。

中でも水泳は
心も身体もリフレッシュできるので
おすすめ。

とはいっても
ジムのプールって
髪が傷むのが気になるところ。

そこで、
本日は美髪の為に
ジムのプール利用時に気をつけたいこと

をお話ししますわね。

なぜジムのプールは髪が傷むのか

プール 髪
すでに多く言われていることですが
やはり大きな原因は『塩素』

塩素はキューティクルを
はがれやすくしてしまうので
結果、髪が褪色したり
バサバサになってしまったり

ダメージへとつながってしまいますの。

水泳キャップはシリコン製のものを

水泳キャップも髪を守るのに
とっても大切。

その際、メッシュタイプのものだと
水が入り込んでしまうので
シリコンタイプで
水が入りにくくすること
おすすめですわ。

シャンプーはできるだけ持参を

低刺激シャンプー
スポーツジムにはシャンプーが
置かれているところが多いですわよね。

ただ、私の経験上ほとんどのジムでは
洗浄力が強くてあまり好ましくない
シャンプーを置いていますわ。

ですので、ここのジムのシャンプーは
大丈夫というようなことが
ないのであれば

自分で低刺激シャンプーを持参して
使うのがおすすめ。

できれば、トリートメントなどで
しっかりケアすることが
望ましいですわ。

カラーリングやパーマの直後は利用しない

カラーリングやパーマの後、
髪はアルカリ性に傾いていて
キューティクルが開きやすい不安定な
状態になってしまっていますの。

ですから、それが落ち着くと言われている
1週間くらいはプールを利用しないほうが
カラーリングやパーマの持ちだったり
ダメージを防ぐためには
ベターですわ。

いかがでしょうか?

ぜひ参考にしながら
健康的にジムのプールを
利用してみてくださいませ。

今宵も『敏感肌のミス☆ゴールドが
あなたに贈る美髪計画』
へお越し頂きありがとうございましたぴかぴか(新しい)

わたくし、
ランキングに参加しておりますの。
よろしければ下記を押して応援して
くださると、とても嬉しいですわ

 にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ

関連記事

ページ上部へ戻る