ヘアアイロンの髪を熱から守るuruotte(うるおって)リペアミルクはしっとりまとまる

Pocket

ヘアアイロンやドライヤーで髪をセットすると
どうしても髪が傷んでしまいますわよね。

わたくしも毎日高温のコテで髪をセットしているので
徐々に髪が傷んでしまうのが
気になっていますのよ。

そんな髪への熱ダメージに良さそうな洗い流さないトリートメント
uruotte(うるおって)リペアミルクを試させてもらいましたので
詳しく説明していきますわね。
>>uruotte リペアミルク

uruotte(うるおって)リペアミルクの特徴

uruotte(うるおって)リペアミルクは、
植物由来のヒートリペア成分「メドウラクトンVE」というものを配合。

これによって、ドライヤーやヘアアイロン、コテなど
髪に60℃以上の熱を加えたときに、
熱からダメージを受けるのではなく、むしろ味方にして、
キューティクルをととのえる働きをしてくれるんだとか。

わたくしもいつも150℃のコテで髪のヘアセットをしていますので
これはとても嬉しいですわ。

uruotte(うるおって)リペアミルクの成分

uruotte(うるおって)リペアミルク成分
全成分はこちら

水、ホホバ種子油、グリセリン、ミリスチン酸PPG-3ベンジルエーテル、ベンチレングリコール、(C14-22)アルコール、メドウフォーム油、(アブラナ種子油/シナアブラギリ種子油)コポリマー、イソステアリン酸水添ヒマシ油、ラフィノース、メドウフォーム-δ-ラクトン、トコフェロール、ハトムギ種子加水分解液、スイカズラ花エキス、サンショウ果実エキス、プルサチラコレアナエキス、グレープフルーツ果実エキス、アルキル(C12-20)グルコシド、(アクリル酸ビドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、ポリイソブテン、PEG-7トリメチロールプロパンヤシ油アルキルエーテル、カプリル酸グリセリル、エチルヘキシルグリセリン、BG、パルマローザ油、イランイラン花油、ラベンダー油、ゼラニウム油、レモン果皮油、ローズウッド木油、ハッカ葉油、ベルガモット果実油

・有機栽培された高品質なオーストラリア産ホホバオイル
・北米産メドウフォームオイル
この2つのオーガニックオイルが配合されていて
髪にうるおいを与えてしっとりまとめる設計になっていますわ。

効果的な使い方

使い方は2種類
➀濡れた髪に
・タオルドライ後、毛先にリペアミルクを少量ずつなじませる

・ドライヤーの温風を上から下に向かってかける

➁乾いた髪に
・毛先を中心に、リペアミルクを少量ずつなじませる

・すばやくヘアアイロンをかける

とっても簡単ですわよね。

実際使ってみた感想

uruotte(うるおって)リペアミルクのテクスチャーは
こんな感じで白いとろっとした液体。
uruotte(うるおって)リペアミルク 中身
コンディショナーのような質感ですわ。

香りは8種類の天然精油がブレンドされた
「ノーブルフラワー&ツリー」の
アロマの香りでとっても心地よいですわ。

髪につけると、つけたところがしっとりまとまる印象。
クシ通りもよくなりますわ。

※つけ方のポイントこのとき、髪につけすぎるとベタっとした見た目になってしまうので
少量ずつなじませていくのがポイント。
10円玉くらいの量を手に取ってそこから少しずつ
髪全体になじませていく感じにするといいですわ

香りは髪につけた後は
わずかに残り程度なので香りが苦手な人でも使えそうだと
感じましたわ。

洗い流さないトリートメントは
髪が顔に触れてしまったときに
成分によっては肌が荒れたりしてしまうんですけれども
uruotte(うるおって)のリペアミルクは
安心の成分で作られているので
躊躇なく使えていいですわ。

実際肌が荒れやすいわたくしも
荒れることなく使えましたわ。

髪にうるおい感を加えたいときに
ぜひチェックしてみてくださいませ。
uruotte リペアミルク

今宵も『敏感肌のミス☆ゴールドがあなたに贈る美髪計画』
へお越し頂きありがとうございましたぴかぴか(新しい)

わたくし、ランキングに参加しておりますの。
よろしければ押してくださるとわたくし、とても嬉しいですわ

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

ページ上部へ戻る