ヘアメディカルの新治療PRPの効果や持続力を詳しく教えてもらいました

Pocket

女性専用の薄毛治療病院
ヘアメディカル

・東京院(ウィメンズヘルスクリニック東京)
・大阪院(脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪)

でPRP治療がスタート。

↑の画像を見て
HARG治療と何が違うの??
と思うかもしれません。

でも、PRPとHARG治療は
かなり違いがあるんです。

先日脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪の
女性専用フロア移転オープンに伴い
メディア向けのセミナーが開催され

ヘアメディカルビューティーのPRPを作っている
聖マリアンナ医科大学の井上教授より
ヘアメディカルビューティーのPRP治療
について講演がありました。

PRP治療とは


血液中には赤血球・白血球・血小板
の3種類の細胞が流れているのですが
PRPとは血液中にある血小板を
高濃度に濃縮した状態のこと。

血小板には細胞の再生を促す成分が
多種含まれいることがわかっており
それが複合的に作用することで骨や
血管、皮膚などの再生が促進されるため

PRP治療は皮膚や骨・関節の
修復などに用いられます。

メジャーリーグの田中将大投手や
日ハムの大谷翔平選手が肘に
PRP治療を受けた、というと
ピンとくる方もいるかもしれません。

HARG治療との違い


PRP治療もHRAG治療も
薄毛治療に用いる場合には
いずれも頭皮への注射なので
見た目はとても似ていますが

HARG治療が他人の細胞組織を
用いた治療であるのに対し
PRPは本人の血液成分を使う
治療方法。

細胞の増殖因子は人によって
違うことがわかっており
他人の細胞組織を使った
HARG治療では効果が薄いことも
容易に予想できるんだそう。

最初に採血を受けないといけない
というデメリットを除いて
自分の血液成分で作るPRP治療は
効果・安全性・持続性
ともに優れた治療となっています。

PRP治療で
期待できること


薄毛治療としてのPRP治療の役割は
頭皮の再生を促し頭皮に厚みを
持たせること。

実は薄毛に悩む女性の中には
頭皮が薄く硬くなってしまっている
方が多くいるそう。

PRP治療で頭皮が厚くなると
髪の土台がしっかりするので
毛が根付きやすくなります。

また、後述しますが
PRPにはミノキシジルの効果を
増幅させる硫酸基転移酵素
が多量に含まれています。

そのため、PRPと
ミノキシジルを一緒に使うことで
治療薬ミノキシジルの効果を
増幅させることができるのです。

PRP治療だけで
発毛する訳ではない


注意したいのは、
PRPだけで発毛する訳ではない
ということ。

ネット上ではPRPだけで
発毛するという情報も出ていますが
それは全くのウソ。

PRPはミノキシジルと一緒に
使うことに意味がある治療

なのです。

他クリニックの
PRPとの違い


PRP治療自体は新しいものでは
ありません。
そのため既に使用している
クリニックも多数ありますが

今回ヘアメディカルビューティーで
使用されるPRPは他のクリニック
で使われるものとは違います。

セミナー後、聖マリアンナ医科大学
井上肇教授にヘアメディカルビューティーのPRP
について詳しく教えて頂きました。


管理人:
他のクリニックで扱われている
PRPとの違いを教えて頂けますか?

井上教授:
実はPRPにはいくつか作り方が
あるんです。

私たちの血液の中には
赤血球・白血球・血小板3種類の
細胞が流れているんですけれども

血小板だけ取ってこれる技術
というのはなかなか無いんです。

井上教授:
そのため、シングルスピン
という方法で血小板が集積する
部分を取ってしまって
PRPということにしようという
クリニックが多いんですけど

結局、シングルスピン法だと
白血球が3倍くらい
濃縮されちゃってるんですね。
血小板ももちろん濃縮されて
いるんですけど赤血球も
全体の3割くらい入っちゃってる


井上教授:
シングルスピン法で作られた
PRPは赤血球が混入し
血液の色と変わらないので

使うことは使えるのですが
このPRPを打つと打撲をした後の
青あざのようになってしまって
美容医療には使えない。

もう一つ一般的なダブルスピン法
っていう方法もあるんですけど
大体の場合よくよく調べてみると

PRPの中に赤血球も15%位入っていて
白血球は2倍くらい
濃縮されてしまっている

血小板は5倍くらい入っているん
だけれども不純物が含まれて
しまっている。

管理人:
ダブルスピン法という方法でも
不純物は入ってしまうんですね。

井上教授:
ところがトレーニングを積んでですね
技術的にも操作にも熟練した人間に
この方法で取らせると

赤血球も白血球も何も含まない
ピュアの血小板溶液が取れてくる
これが大きな特徴になってますね。


※熟練した技術で不純物無しの
血小板を取るダブルスピン法。

井上教授:
これは私どもの研究室で
厳密にトレーニングを積んでいる

臨床培養士という少数の資格を
持っている人間以外は
できないような形にしてます。


※赤枠内がヘアメディカルビューティーのPRP。
他社と違い不純物が混じっていません。

管理人:
不純物が混じらないPRPを
作るのはとても難しいこと
なのですね。

ヘアメディカルビューティーのPRPの
効果が高い理由


管理人:
ピュアなPRPの方が
効果も高いということなのでしょうか?

井上教授:
はい、高いと考えています。

なぜかというと、
白血球が入っていると何が一番嫌かって
いうと白血球って色々なばい菌を食べて
我々を感染から防御してくれるんですが
血小板の成分(増殖因子)も
食べて分解してしまうんですね。

感染があるときには
とても効果的ですが、
薄毛の場合には感染はないので、

白血球はいない方がありがたい
という部分があります。ですから
ピュアなものの方が効果が高いです。

PRP治療は
薄毛治療で、どう役立つか


井上教授:
PRP自体をハゲているところに
打って突然毛根が再生して
髪の毛が生えるなんていうのは
ありえないんですね。

でも巷のネットでは
そう書いてあるんですよね。
あれは全くの嘘なんです 。

我々はそういうことではなくて
毛が生えるためには頭皮の環境を
まず整えてあげることがとても
重要なのでそこにPRP使いましょうと

管理人:
PRPで頭皮を厚くすることで
髪の土台を整えるのですね。


井上教授:
そして、毛根が残っていて
毛包が少し弱ってきている。
萎縮し始めてるところに
ミノキシジルを併用して
発毛を促す。

この時にPRPの中に含まれている
硫酸基転移酵素によって
より活性化された
ミノキシジルができて効果が
倍増するだろうという理論で
治療計画しているわけです。

管理人:
ミノキシジルの発毛効果が
高まるのですね。

※解説
薄毛治療薬ミノキシジルは頭皮の
硫酸基転移酵素という酵素によって
活性化されることで効果を出せる薬
なんです。PRPには硫酸基転移酵素が多量に
含まれている為ミノキシジルと
一緒に使うとミノキシジルが
活性化し治療効果が増幅する
という仕組みです。

これまで薬が効かなかった
人にも効果的

管理人:
世の中にはもともと
硫酸基転移酵素の
発現が弱い人がいて

そのような少数の方には
ミノキシジルが効きにくかった
と聞いたことがあります。

PRPに硫酸基転移酵素が多量に
含まれているということはこれまで
ミノキシジルが効かなかった人にも
効果が出るということでしょうか?

井上教授:
硫酸基転移酵素の発現が
弱いような患者さんの場合は
ミノキシジルの効きが悪いと
いうのは論文的にもよく
知られている内容ですよね

そういった方に
一番いいと思います。

ただその時もミノキシジルを
使わないんじゃなくて
ミノキシジルとPRPを併用する
っていうことがとても重要ですね。

管理人:
PRPはミノキシジルと一緒に
使うことでこれまで
薬が効かなかった人にも
効果が期待されるのですね。

より効果を出すための工夫


井上教授:
もう一つは 頭皮には
硫酸基転移酵素で活性体にした
ミノキシジルを分解してしまう
酵素もものすごく沢山あるんです実は。

これは私どもの研究で
明らかになってるんですけれども
いくら硫酸基転移酵素で
ミノキシジルを硫酸化させて

活性体にしたとしても分解する
部分の酵素を止めておかない限り

効果がないという可能性が
出てくるので PRPを調整する時に
今医薬品で一般的に使われている
成分を少し混ぜることによって

活性体にしたミノキシジルが
分解されてしまうのを抑えてあげて
より ミノキシジルを
効きやすくしようとしています。

PRPの持続性について


管理人:
PRPは持ちが良いとお聞きしたのですが
どのくらい持つのでしょうか?

井上教授:
年単位ですね。

管理人:
かなり持つのですね。

井上教授:
なぜかと言うと美容医療領域で
PRPの顔面への注射でしわ取りって
いうのをよく聞いたことがあると
思うんですけれど

ヒアルロン酸とかコラーゲンとかの
注入に比べると効果の発現は遅くて
2ヶ月とか3ヶ月とか時間が
かかるんですけれども

それ以降は本当に年単位で
2年に一度とか1年に一度とか
そんな感じで再投与をする程度で
真皮組織がしっかり豊かに
なるんですね。

※PRPは1~2カ月に1回、
計6回が1セット。
その後年単位で持続します。

いわゆるたるみとか、ちりめんじわ
とかが消せるんですよね。

頭皮も同じ理屈なので
頭皮の環境すなわち真皮層
とか皮下組織を生理的にちゃんと
厚く誘導することができれば

一か月で消えてしまうとか
3週間でなくなっちゃうのとは
訳が違います。

体が作り直してるわけですから
相当長く効果は継続します。

そういう風に頭皮の環境が
改善していって毛根が残っている時に

ミノキシジルなど効果が立証された
方法を上手に利用することによって
発毛の効果を増強させる、
増幅させるっていうことが
可能になったわけですね。

1回の採血でできるPRPの量


管理人:
PRPは1回の採決で6回分作れる
とお聞きしました。

井上教授:
私どものPRP療法は
50cc~60cc採血をして
それを6回分にして
1か月~2カ月に1回くらいずつ
投与をしていく形になると思います。

1回の治療に半年ぐらいかけて
その後1年くらい効果があるという形で
ヒアルロン酸を注射したとかいうもの
とは訳が違うので

すぐにまたそれが萎縮していくことは
ほとんど考えられないので
かなり効果は継続するだろうという風に
考えています。

PRPはどこに刺すのか?


管理人:
実際に刺す位置はどのあたり
なんでしょうか?

井上教授:
基本的に言うと
治療を希望されている
頭皮の毛包周囲に
1㎠あたり0.1mlの割合で
投与していく。

それを1mlずつ打ちますので
10㎠くらいずつ打っていって
治療をしていくという形になります。

ですから
薄毛で完全にはげてしまっている場合は
期待薄なのですが、薄くなりかけていて
前頭部が後退してきているような部分に
打っていく分には十分な量がありますので

そこを場所を変えて打っていく、
あるいは同じ場所を複数回に分けて
打っていくという形で
発毛を促すという形になります。

PRPは施術者の技術によって
差が出るものなのか?


管理人:
HARG治療は注射の技術が必要だと
聞いたことがあるのですが
PRPの注射はどうでしょうか?

井上教授:
今ですね、PRPの治療の時に
特殊な針を使います。
それが今市販されていまして
長さが2.5mm~1.5mmの長さなんです。

誰が刺しても真皮と表皮の間くらいに
くるような針の長さになっていて
技術によらない投与ができるように
なっているんです。

管理人:
受ける立場の人からしても
誰でもしっかり効果的な投与が
できるというのは安心ですね。

詳しく教えて頂き
ありがとうございました。

まとめ
PRPはこんな人に向いている


今回ヘアメディカルビューティーのPRP治療
について詳しく教えて頂きました。

PRP治療は

・頭皮が薄くなってしまっている
・頭皮が硬い
・薬の効果が出にくい
・薬の効果をもっと出したい

このような方に向いている
と考えられます。

また、ポイントになってくるのは
PRP単体で発毛するわけではなく
ミノキシジルと一緒に使う
ことが発毛効果を出すのに
とても重要ということ。

また、効き目があるのは
あくまで毛根が残っている部分。
完全にはげてしまって
毛根がない部分には
効き目がないということも
しっかり知っておくといいでしょう。

圧倒的な安さの
PRP料金


ヘアメディカルビューティーでは
PRPを受ける際
まずPRP用採血に50,000円。

その後、1回5,000円で
1か月~2カ月に1回
合計6回投与し薬と併用して
治療していきます。

一般的なPRP治療の料金と比べて
かなり良心的な価格設定です。
※合計40万~80万円かかるところが多いです。

ヘアメディカルビューティーでは、
PRPはとても効果的ですが
あくまで薬の効果を増幅させる
補助輪と捉えており

多くの患者さんがより経済的に
効果のある治療を受けられるように
ほぼ実費で提供されているようです。

治療効果をもっと出したい女性に
嬉しい治療ですよね。

PRP治療については
無料カウンセリングでも
詳しく話を聞くこともできるので
ぜひチェックしてみてください。

関連記事

ページ上部へ戻る